【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】マーラ赤ちゃんデビュー きょう、いしかわ動物園

【石川】マーラ赤ちゃんデビュー きょう、いしかわ動物園

ジャンル・エリア : テーマパーク | 動物  2017年04月14日

母フラウ(左)に甘えるマーラの赤ちゃん=石川県能美市のいしかわ動物園で(同園提供)

母フラウ(左)に甘えるマーラの赤ちゃん=石川県能美市のいしかわ動物園で(同園提供)

久々アイドル元気に育って

 いしかわ動物園(石川県能美市)で14日、今春に誕生したマーラの赤ちゃんの公開が始まる。園では2015年夏、13年ぶりに雌の「ナナ」が誕生したが、わずか半年で死んでしまった。以来、約2年ぶりの赤ちゃん誕生に沸きながらも、園の担当者は「今度こそ元気に育ってほしい。しっかり見守らなければ」と気を引き締めている。

 赤ちゃんは雄で、父ココア(3歳)と母フラウ(3歳)との間に、3月24日に生まれた。体長は25センチ、体重は1.3キロ。誕生時から5センチ、0.3キロほど成長した。名前は未定。

 くりっとした目とピンと伸びた耳はウサギを連想させるが、ネズミの仲間。園によると、赤ちゃんは母親にぴったり寄り添い、時折お乳をせがんでいる。今回の誕生で、園内で展示するマーラは計6頭になった。

 死んだナナは15年の夏に誕生した。通常は母親がへその緒をかみ切るが、別の個体がかじったのが原因で化膿(かのう)し、死んでしまった。担当者は「二度と不運な事故で死なないよう、注意して観察したい」と話す。

 公開は小動物プロムナードのマーラ展示場になる。初日の14日は午後1時から飼育員が解説する。(問)同園0761(51)8500

 (吉野淳一)

旅コラム
国内
海外