【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】しだれ桜、今年は“寝坊”? 駒ケ根・光前寺住職が開花宣言

【長野】しだれ桜、今年は“寝坊”? 駒ケ根・光前寺住職が開花宣言

ジャンル・エリア : 甲信越 | 神社・仏閣 |   2017年04月18日

例年よりやや遅く開花した光前寺のしだれ桜=駒ケ根市で

例年よりやや遅く開花した光前寺のしだれ桜=駒ケ根市で

 駒ケ根市赤穂の光前寺の境内にあるしだれ桜が花を付け、吉沢道人住職(69)が17日、開花を宣言した。今週末から来週にかけて見頃を迎えそうだ。

 仁王門の南側に立つ木の枝先に数輪の花が確認された。昨年より10日遅く、例年に比べてもやや遅い開花。境内に約70本が植えられ、月末まで花見を楽しめるという。

 吉沢住職は「ようやく咲いてくれた。参道などのライトアップは緑が映え、桜とともに幽玄な雰囲気を味わってほしい」と来場を呼び掛けた。

 駒ケ根観光協会が募集していた開花日予測は274人から応募があり、正解は7人だった。ライトアップは30日まで。23日午後7時から豚汁の無料サービスがある。

 (小沢伸介)

旅コラム
国内
海外