【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】巨大昆虫ロボットに遭遇! かつやまディノパークに新施設

【福井】巨大昆虫ロボットに遭遇! かつやまディノパークに新施設

ジャンル・エリア : オブジェ | テーマパーク | 乗り物 | 福井  2017年04月20日

巨大な昆虫ロボット(手前)が置かれたコースを電気自動車で巡る園児たち=勝山市の長尾山総合公園で

巨大な昆虫ロボット(手前)が置かれたコースを電気自動車で巡る園児たち=勝山市の長尾山総合公園で

 勝山市の長尾山総合公園(かつやま恐竜の森)のアミューズメント施設「かつやまディノパーク」に、電気自動車(EV)に乗って巨大昆虫冒険ツアーを楽しめる新施設が完成した。全長5メートルのカブトムシやクワガタムシ、スズメバチなどのロボット10体が、雑木林を中心に配置され、迫力ある動きで異世界を演出する。オープンは21日。

 県立恐竜博物館の北西に1周約1.3キロのコースを設け、道沿いに巨大昆虫ロボットを設置。EVトラックを改造した14人乗りの専用車で巡り、車が近づくとクマゼミやオニヤンマ、オオカマキリ、アリ、テントウムシなどのロボットが手足や羽根などを動かす。1周約15分。専用車は4台用意されている。

 ツアーの発着点となる「ガオガオひろば」には、3種類の子ども向け遊具も新設。滑り台の「ガオガオスライダー」は巨大な肉食恐竜の口の中を勢いよく滑り下りられる。直径14メートルのプールに手こぎボートを浮かべた「ガオガオボート」や、電気で動く恐竜デザインの乗り物「ガオガオウオーク」も楽しめる。

 ひろばには、山小屋風の「受付・休憩棟」が新築され、100人収容の休憩スペースや救護・授乳室、土産品ショップを備える。

 19日は内覧会があり、同市南保育園の園児約40人が招待され、冒険ツアーや滑り台、ボート遊びなどを一足早く楽しんだ。

 料金は巨大昆虫冒険ツアーが3歳以上500円。3種類の遊具は3、4歳児から体重40キロまでの小学生が対象で、いずれも400円。営業は土、日、祝日の午前10時~午後5時。ゴールデンウイークと夏休み期間は平日も営業する。(問)恐竜のまち勝山応援隊=0779(88)8777

 (藤井雄次)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外