【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】チューリップ、菜の花が見頃 アルプスあづみの公園

【長野】チューリップ、菜の花が見頃 アルプスあづみの公園

ジャンル・エリア : イベント | 甲信越 | 自然 |   2017年05月01日

色とりどりのチューリップ=国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区で

色とりどりのチューリップ=国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区で

 安曇野市の国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区で、色とりどりのチューリップや菜の花が見頃を迎えた。大型連休の期間中は音楽祭や特設動物園などのイベントがあり、同公園企画広報係長の遠藤茂樹さんは「本格的な春の雰囲気を肌で感じてもらえたら」と話している。

 チューリップは「田園文化ゾーン」にある「段々原っぱ」を中心にした約3400平方メートルに68品種の計約22万本が赤や黄、紫、ピンクなどの花を付ける。

 昨年6月に新設された「里山文化ゾーン」の棚田では、約6ヘクタールの菜の花畑もお目見え。安曇平を一望できる場所に約500万本の菜の花のじゅうたんが広がり、家族3人で訪れた同市穂高の主婦(28)は「一面に黄色が広がっていて、とてもきれい」と笑顔で話した。

 大型連休中の3~5日は、同公園穂高口に特設の「ふれあい動物園」を設置。アルパカやポニー、ウサギ、ヒツジなど計約10種類の動物と触れ合うことができる。

黄色に埋め尽くす菜の花畑=国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区で

黄色に埋め尽くす菜の花畑=国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区で

 4日午前10時からは「第13回あづみの公園早春賦音楽祭」も開催予定で、アルプホルンの音色や子どもたちの歌声などで春の安曇野を彩る。

 入園料は一般410円(65歳以上210円)、小中学生80円、未就学児無料。3、4日は入園料が無料で、小中学生は5日も無料になる。

 (水田百合子)

旅コラム
国内
海外