【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】芸妓文化 若者も来て お座敷体験に割引料金

【石川】芸妓文化 若者も来て お座敷体験に割引料金

ジャンル・エリア : 文化 | 石川  2017年05月11日

芸妓とお座敷遊びを楽しむ参加者(右)=2016年9月、金沢市主計町で

芸妓とお座敷遊びを楽しむ参加者(右)=2016年9月、金沢市主計町で

 金沢芸妓(げいぎ)の世界に見て触れて-と、金沢市は6月~来年3月に催すお座敷体験事業「金沢芸妓のほんものの芸にふれる旅」に大学生以下対象の割引料金を新たに設けた。北陸新幹線の開業以降、若い世代の芸妓文化への関心は高まっており、より参加しやすくすることで芸妓の担い手増につなげる。(小室亜希子)

 お座敷体験は市、市観光協会、市内の三茶屋街料亭組合が2006年度から実施。三茶屋街のお茶屋で開かれ、芸妓による踊りや芸の解説、お座敷太鼓などお茶屋ならではの遊びを体験できる。観光客を中心に人気で、昨年は計24日の日程すべてで30~15人の定員を満たした。

 昨年までは1人3000円の一般料金のみだったが、今回は一般を1人5000円に見直す一方、大学生以下を対象に割安な2500円の設定を設けた。お座敷体験の参加者の中には若い女性のグループもしばしば見られ、金沢を観光で訪れる若い世代にもっと参加してもらう狙いがある。

 三茶屋街では11年以降に新人の芸妓が出ない状況が続いたが、15年3月に北陸新幹線が開通してから今年4月までに6人がデビュー。この5月中にも2人がお座敷に上がる。

 各料亭組合には芸妓の募集について問い合わせが増えており、市観光政策課の担当者は「体験を通じてお茶屋の世界に触れ、芸妓の道を考えるきっかけになれば」と期待した。

 ことしのお座敷体験は6月10日~来年3月24日に計24回催す。開催日はいずれも土曜日で、午後1時から1時間程度(7、8月は除く)。6~12月分の予約を今月16日から始める。来年1~3月分の予約は9月1日から。市観光協会のホームページ「金沢旅物語」から申し込める。

旅コラム
国内
海外