【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】故郷の景色 版画で精緻に 射水 泉田康治さん作品展示

【富山】故郷の景色 版画で精緻に 射水 泉田康治さん作品展示

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | 芸術  2017年05月23日

地元の風景を題材にした版画作品=射水市小杉展示館で

地元の風景を題材にした版画作品=射水市小杉展示館で

 射水市作道出身の版画家泉田(せんだ)康治さん(1908~2002年)の作品を集めた版画展が、射水市小杉展示館で開かれている。地元の風景などを題材にした14点が並ぶ。6月11日まで。

 泉田さんは現在の高岡工芸高校を卒業。日展を中心に版画の出品を続け、1960年には南砺市ゆかりの板画家棟方志功らと共に日本版画会を創設、94歳で亡くなった。

 展示された「傘松」は射水市の専念寺にある県指定天然記念物が細部まで表現され、空は白と青が入り交じり絵画のように描かれている。「越中八尾風の盆」「大岩不動滝連作」など県東部の風景を題材にした作品もあり、同館で版画展を開くきっかけとなった小杉焼の版画も目を引く。

 趣味で8年ほど版画の制作を続けている同市中太閤山の男性(72)は「10色近く色を重ねていて手が込んでいる。こんなに素晴らしい作家が地元にいたとは」と、熱心に作品を見ていた。入場無料、午前9時~午後5時。月曜休館。 (山本拓海)

旅コラム
国内
海外