【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】スケーエン派が描いた漁村紹介 5日から碧南で企画展

【愛知】スケーエン派が描いた漁村紹介 5日から碧南で企画展

ジャンル・エリア : 展示 | 愛知 | 芸術  2017年06月06日

デンマークの近代芸術を代表するスケーエン派の作品が並ぶ企画展=碧南市藤井達吉現代美術館で

デンマークの近代芸術を代表するスケーエン派の作品が並ぶ企画展=碧南市藤井達吉現代美術館で

 デンマークの近代芸術を代表するスケーエン派の絵画を紹介する企画展「スケーエン デンマークの芸術家村」(中日新聞社共催)が6日、碧南市藤井達吉現代美術館で始まる。5日は内覧会があり、フレディ・スベイネ駐日デンマーク大使ら関係者約170人が一足早く鑑賞に訪れた。

 展覧会は日本とデンマークの外交樹立150周年の記念事業で、7月23日まで。

 スケーエンとはデンマーク北部の漁村。豊かな自然に魅せられた多くの芸術家が19世紀末から20世紀初めにかけて、創作活動の拠点とした。

 現地の風景や人々の営みに主題を求めたスケーエン派の画家らが残した作品のうち、代表的な油彩画と素描計59点が展示される。「ボートを漕(こ)ぎ出す漁師たち」と題された油彩画は、荒れた海に向かう男たちや、波打ち際で見守る村人が画面いっぱいに描かれ、自然と対峙(たいじ)する人々の気概や不安を表現している。

 (片山健生)

旅コラム
国内
海外