【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】仕事帰りに大津京駅へ 高架下に飲食店3店開業

【滋賀】仕事帰りに大津京駅へ 高架下に飲食店3店開業

ジャンル・エリア : グルメ | 近畿  2017年06月08日

開業を迎え、店舗前で通行人に試食品を配るスタッフら=大津市のJR大津京駅前で

開業を迎え、店舗前で通行人に試食品を配るスタッフら=大津市のJR大津京駅前で

 大津市のJR湖西線大津京駅南西側に、高架下を利用した飲食店が開業し、7日に記念式典があった。

 「地場のこだわりの飲み屋が集まる路地」がコンセプト。建物は370平方メートルで、和風バル「馳走(ちそう)らくざ」▽洋風バル「大津京ダイナー」▽炉端焼き専門店「炉ばた焼大蔵屋」-の3店が入る。

 店舗は大津京駅と隣接する京阪皇子山駅を結ぶ連絡通路に面し、乗り換え客の通行が多い場所。3店とも当面は午後5時開店で、仕事帰りの通勤客をターゲットにする。

 運営するJR西日本不動産開発の近藤隆士社長は「大津京駅は交通結節点だが、開発が遅れていた。開業で高架下が楽しいストリートに生まれ変わったのでは」と話した。

 店の従業員が試食品を用意して通行人に振る舞った。同市皇子が丘のアルバイト細川さん(44)は「仕事で帰りが遅くなる日も多い。夕食の選択肢が増えそうです」と開業を喜んだ。

 (野瀬井寛)

旅コラム
国内
海外