【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】名刀、ナマズに似てる? 徳川美術館と名港水族館コラボ展

【愛知】名刀、ナマズに似てる? 徳川美術館と名港水族館コラボ展

ジャンル・エリア : 展示 | 愛知 | 文化 | 歴史 | 水族館  2017年06月08日

名刀「鯰尾藤四郎」=名古屋市東区の徳川美術館で

名刀「鯰尾藤四郎」=名古屋市東区の徳川美術館で

 名刀はナマズに似ている?-。名古屋港水族館(名古屋市港区)と徳川美術館(同市東区)で7日、ナマズの名が付く美術館所蔵の名刀「鯰尾藤四郎(なまずおとうしろう)」と本物のナマズを比べてもらうコラボレーション企画が始まった。7月2日まで。

 刀は鎌倉時代に京都で活躍した名工、藤四郎吉光が作った脇差しで、長さ38.5センチ。織田信長の次男信雄(のぶかつ)や豊臣秀吉らの手に渡った。大坂夏の陣で一度焼けたが、徳川家康が焼き直させ、尾張徳川家に伝わった。

 近年、刀好きの「刀剣女子」が増えるなど、刀人気は高い。一方で、ナマズは丸い形で描かれることが多く、美術館の来館者からは「なぜこの名が付いているのか」と疑問が上がっているという。企画展は両館に足を運んで、比較を楽しんでもらう狙い。水族館ではナマズとともに、刀をパネルで紹介している。

胴体や尾ひれが刀のように形に見えるナマズ=名古屋市港区の名古屋港水族館で

胴体や尾ひれが刀のように形に見えるナマズ=名古屋市港区の名古屋港水族館で

 ナマズは体長60センチ、体高8センチ。企画展のために水族館の飼育員、星野昂大さん(30)が4月に弥富市の用水路で釣り上げた。夜行性のため、昼はじっとしているという。

 刀剣女子という愛西市の会社員、松永さん(23)は両館で見比べ「刀を見ただけでは分からなかったけど、しっぽの形が刀に似ていたので納得した」と話した。

 両館を訪れた先着100人に、ナマズと刀が描かれたオリジナル缶バッジをプレゼントする。ともに月曜休館。

 (浜崎陽介)

旅コラム
国内
海外