【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】増穂浦海岸に海の家 来月15日、浜開きに合わせ開店

【石川】増穂浦海岸に海の家 来月15日、浜開きに合わせ開店

ジャンル・エリア : グルメ | | 石川  2017年06月30日

7月にオープンする能登リゾートエリア増穂浦の海の家=志賀町相神で

7月にオープンする能登リゾートエリア増穂浦の海の家=志賀町相神で

 志賀町相神の「能登リゾートエリア増穂浦」で、飲食物を扱う海の家のオープンに向けた準備が進んでいる。町シルバー人材センターが昨年度から指定管理者になって以来初めて。7月15日の浜開きに合わせて開店するといい、会員らは「きれいな海なのでたくさん来て」と話す。(榊原大騎)

シルバーセンター 会員が飲食を提供

 海の家は2階建てで、2階にはバーベキュー場がある。町全額出資の第3セクター「志賀町振興サービス」が、2016年3月までオートキャンプ場やキャビンなどと運営。昨夏は業務を引き継いだセンターの準備が整わず営業できなかったため、会員から活用を求める声が上がっていた。

 そうした経緯もあり、管理棟に勤める町地域おこし協力隊員の笠井良純さん(44)が企画書を作り、6月から清掃などに取り組んできた。メニューはラーメンや焼きそば、カレー、かき氷などの予定で、センター会員が店頭に立つ。

 昨シーズンは委嘱を受けたばかりで、海の監視員をしていた笠井さんは「お客さんから売店はないですかと尋ねられることがあった」と振り返り「少しでも楽しめる要素として活用してもらえれば」と呼び掛ける。

 7月には浜開きを前に、会員らが3~7日、10~14日の2回にわたって草刈りをする。28日、海の家付近で休憩していた会員は「こちらできれいにするからどんどん来て楽しんで」と話した。

 増穂浦海岸は01年、水質が良く快適な水浴場を広めようと環境省が定める「日本の水浴場八十八選」に選ばれた。

旅コラム
国内
海外