【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】加賀友禅 デザイン斬新 県立美術館で工芸展

【石川】加賀友禅 デザイン斬新 県立美術館で工芸展

ジャンル・エリア : 展示 | 工芸品 | 文化 | 石川  2017年07月14日

金賞を受賞した加賀友禅を鑑賞する関係者=県立美術館で

金賞を受賞した加賀友禅を鑑賞する関係者=県立美術館で

 伝統加賀友禅工芸展が、金沢市出羽町の県立美術館で開かれている。17日まで。加賀友禅の振興発展と技術の保存を目的に、友禅の技術者らでつくる加賀友禅技術保存会(金沢市)が毎年開き、39回目。

 県内の作家らが手掛けた着物や帯の66点を出展。1枚1枚の花びらの色が違うカサブランカを大胆に配置した着物や、娘のためにあつらえたという虹が描かれた濃いピンクの着物などが並ぶ。

 保存会の中町博志会長(73)は「若い世代が手掛ける着物は時代性が反映されていて、私たちでは考えつかないデザイン、色彩で素晴らしい」と話した。

 一般・大学生400円、高校生以下無料。期間中の午後1時半から、作家による解説がある。 (蓮野亜耶)

 ◇入賞した皆さん 【きものの部】▽金賞 柿本結一▽銀賞 菊田宏幸▽銅賞 河守彩香、矢花博呂美、藤村建雄▽引染技能賞 竹島染工▽糊置技能賞 矢花博呂美【帯の部】▽優秀賞 村上有輝、長友由紀、時国まさみまさみ

旅コラム
国内
海外