【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】ヒマワリいっぱい 河北潟干拓地に迷路登場

【石川】ヒマワリいっぱい 河北潟干拓地に迷路登場

ジャンル・エリア : イベント | 石川 |   2017年07月27日

ヒマワリの花を見上げながら迷路を進む園児たち=津幡町湖東で

ヒマワリの花を見上げながら迷路を進む園児たち=津幡町湖東で

 約35万本のヒマワリで作られた迷路を楽しむことができる「ひまわり村」が26日、津幡町湖東の河北潟干拓地で始まった。夏空の下、地元の園児ら約200人が早速、美しい黄色と緑色に彩られた「迷宮」を歩いた。

 迷路は約2.3ヘクタール。ヒマワリは1.5~2メートルほどの高さに成長している。一部は地元の園児らが種をまいた。

 園児たちはヒマワリの花を見るため、顔を上げて周囲を見渡しながら歩いた。「いっぱい咲いてる」「すごい」などと声を漏らす子も。迷路の中ほどにある展望台に上がると「きれい」「やっほー」と元気いっぱいの声を響かせていた。

 内灘町の内灘はまなす保育園の園児(5)は「迷路をして楽しかった。次は家族みんなで来たい」と話していた。

 ヒマワリは、夜間のライトアップが実施される28日~8月1日ごろに見ごろを迎える。イベントは8月中旬ごろまで開かれている。迷路を抜けるには20分~1時間ほどかかる。

 (草野大貴)

旅コラム
国内
海外