【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】エムザ“恐竜出没”ダンボール遊園地 きょう開幕

【石川】エムザ“恐竜出没”ダンボール遊園地 きょう開幕

ジャンル・エリア : イベント | 展示 | 歴史 | 石川  2017年08月02日

段ボールで作られた恐竜などが設置され、設営が進む「ダンボール遊園地inKANAZAWA」の会場=金沢市のめいてつ・エムザで

段ボールで作られた恐竜などが設置され、設営が進む「ダンボール遊園地inKANAZAWA」の会場=金沢市のめいてつ・エムザで

 全国各地で人気を呼んできたダンボール遊園地(北陸中日新聞など主催)が2日、金沢市武蔵町のめいてつ・エムザ8階催事場で始まる。今回は恐竜の世界がテーマ。大小8つのアトラクションなどを楽しむことができる。(草野大貴)

 1日には設営があり、次々と会場に恐竜が「出没」し始めた。中でも目を引いたのが大型肉食恐竜「ティラノサウルス」の像。高さ約2メートル、全長4メートルあり、段ボールでできているとは思えないほど迫力がある。

 その像を間近で見ることができるのが、恐竜の楽園を探検するアトラクション。こちらも段ボールでできた北陸新幹線に乗って、楽園を巡る。ティラノサウルス以外にも恐竜がいて、太古の昔に来たような感覚になる。

 迷路やすべり台、メリーゴーラウンドなど、子どもたちが喜ぶアトラクションがいっぱい。丈夫な段ボールでできており、大人も安心して楽しむことができる。

 21日まで。午前10時から午後7時半まで(最終日は午後5時閉場)。大人600円、子ども500円。別途料金が必要なアトラクションもある。(問)北陸中日新聞事業部076(233)4642 

旅コラム
国内
海外