【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】買い物客 5万人突破 道の駅「のと千里浜」1カ月 好調

【石川】買い物客 5万人突破 道の駅「のと千里浜」1カ月 好調

ジャンル・エリア : まちおこし | グルメ | 石川  2017年08月07日

山辺芳宣市長(右)から記念品を受け取る山本さん家族=羽咋市千里浜町で

山辺芳宣市長(右)から記念品を受け取る山本さん家族=羽咋市千里浜町で

金沢・山本さん家族に記念品

 羽咋市千里浜町の道の駅「のと千里浜」で買い物をしてレジを通過した人が6日、5万人となり、記念品が贈られた。7月7日のオープンからわずか1カ月のスピードで節目の来場者を迎えた。(小塚泉)

 5万人目となったのは、金沢市粟崎町の会社員山本さん(51)家族。妻(47)、長女(8つ)と訪れた。「道の駅ができたと聞いて千里浜なぎさドライブウェイを走って来た。びっくりしました。また遊びに来ようと思います」と喜んだ。

 道の駅を運営する羽咋まちづくり会社社長の山辺芳宣市長が「末永く愛してほしい」と述べ、自然栽培の羽咋米やロールケーキなど道の駅オリジナル商品の詰め合わせを手渡した。山辺市長は「予想を上回る人出。甘えることなく継続して来てもらえるように努力したい」と語った。

 道の駅「のと千里浜」は、のと里山海道の千里浜インターチェンジ(IC)を下りてすぐの場所にある。千里浜なぎさドライブウェイの知名度に加え、羽咋市が普及を目指している無農薬・無肥料の野菜や米、能登町のマルガージェラートの販売、野菜だし「ベジブロス」を使った料理を提供するレストランなど話題も豊富。連休や夏休みも重なって県外ナンバーの車が目立ち、好調な滑り出しとなった。

 一方で「気軽に食べられる昼食メニューがあれば」「農産物の品数をもっと多く」といった声も。入り込み客全体では12万人を超え、野間仁駅長は「多くの人に来ていただき感無量。いかに継続していくかが課題で、お客さんの声をよく聞きながら冬場には冬場の魅力も発信したい」と話している。

旅コラム
国内
海外