【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】雷電の化粧まわしや刀並ぶ 東御で生誕250年展

【長野】雷電の化粧まわしや刀並ぶ 東御で生誕250年展

ジャンル・エリア : スポーツ | 展示 | 文化 | 甲信越  2017年08月28日

雷電の化粧まわしなどが並ぶ会場=東御市の丸山晩霞記念館で

雷電の化粧まわしなどが並ぶ会場=東御市の丸山晩霞記念館で

 東御市出身で、歴代最高の勝率を持つ江戸時代の力士、雷電(1767~1825年)の生誕250年を記念して、「スーパースター雷電と浮世絵でみる江戸時代展」が同市常田の丸山晩霞記念館で開かれている。9月24日まで。

 雷電は身長197センチ、体重169キロで、254勝10敗と勝率9割6分2厘の記録を持つ。

 えんじ色の布地に金色の稲妻模様の刺しゅうが施された化粧まわしや、農民出身だが松江藩のお抱え力士となって与えられた刀身88.1センチの刀など雷電の遺品約20点のほか、雷電が活躍した江戸時代の庶民の様子などが描かれた浮世絵約100点が並ぶ。

 相撲が好きで家族と見に来ていた上田市材木町の東小3年、男児(8つ)は「刀が大きくてかっこよかった」と話していた。学芸員の佐藤聡史さん(56)は「雷電は東御市だけでなく長野県の大きな財産。この展示を入り口に認知度を広めたい」と話している。入場料200円(中学生以下無料)。(問)同館=0268(62)3700

東御市役所前に立つ雷電の銅像

東御市役所前に立つ雷電の銅像

 (中島咲樹)

旅コラム
国内
海外