【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】石器見て郷土愛深めて 大垣・上石津の資料館で企画展

【岐阜】石器見て郷土愛深めて 大垣・上石津の資料館で企画展

ジャンル・エリア : 展示 | 岐阜 | 文化 | 歴史  2017年08月29日

上石津町内で発見された石器などが並ぶ会場=大垣市上石津郷土資料館で

上石津町内で発見された石器などが並ぶ会場=大垣市上石津郷土資料館で

 大垣市上石津町内で発見された縄文-弥生時代の石器を紹介する企画展が、同町宮の上石津郷土資料館で開かれている。9月24日まで。

 町内では、1981(昭和56)年に時小学校の校庭で、当時は同校教頭だった養老町文化財保護審議会長の大岡明臣さん(83)=同町橋爪=が石器を発見。これを機に、82年度までの調査で、牧田川や支流沿いの16カ所で、1400点以上の遺物が採取された。

 企画展は、上石津地域に古くから人が住んでいたことを感じ、郷土への愛着を深めてもらおうと企画。石器や土器片など1000点を、16カ所の遺跡・遺物散布地の写真とともに展示している。資料館の職員は「厳しい環境を生きた当時の人々の姿も想像してもらえれば」と話した。

 入館料は100円で、18歳未満と市内在住の65歳以上は無料。毎週火曜と9月20日は休館。(問)資料館=0584(45)3639

 (生田貴士)

旅コラム
国内
海外