【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】マツバボタン、一面に 半田・岩滑高山の休耕田

【愛知】マツバボタン、一面に 半田・岩滑高山の休耕田

ジャンル・エリア : まつり | イベント | 愛知 |   2017年08月29日

県道沿いの休耕田を彩るマツバボタン=半田市岩滑高山町で

県道沿いの休耕田を彩るマツバボタン=半田市岩滑高山町で

 半田市岩滑高山町の県道沿いにある休耕田で、鮮やかなマツバボタンが一帯を華やかにしている。午後になると花が閉じるため、朝から正午ごろが見ごろ。

 約2.2ヘクタールに、ピンク、白のマツバボタンが格子模様を描く。6月下旬、地域住民ら180人がマツバボタンの苗を植えた。

 住民団体「矢勝川の環境を守る会」が、休耕田を活用して季節ごとに花を育てている。会によるとマツバボタンは9月末ごろまで咲き続ける見込み。もうじき近くの矢勝川沿いで咲き出す、真っ赤なヒガンバナとの競演も楽しめそうだ。

 ヒガンバナや市ゆかりの童話作家新美南吉にちなんだイベント「ごんの秋まつり」は9月16日~10月4日。

 (三宅千智)

旅コラム
国内
海外