【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】最後の文化祭、9日に一般公開 名張桔梗丘高

【三重】最後の文化祭、9日に一般公開 名張桔梗丘高

ジャンル・エリア : まつり | イベント | 三重 | 展示  2017年08月30日

最後の文化祭を一般公開する名張桔梗丘高校=名張市で

最後の文化祭を一般公開する名張桔梗丘高校=名張市で

 来年3月末で閉校する県立名張桔梗丘高校(名張市桔梗が丘7番町)の最後の文化祭「桔高祭」が9月9日、地域住民らに一般公開される。同窓生で映画監督の呉美保さん(20期卒業生)のラストラン講演会も同月8日、アドバンスコープADSホール(同市松崎町)である。一般入場可。

 文化祭のテーマは「桔憶~みんなの記憶から色褪(あ)せることのない桔高~」。同校によると、在校生は3年生のみの160人。「寂しい文化祭にはしたくない」と3日間の文化祭のうち1日を地元住民や中学生らに公開することにした。1クラスで複数のイベントや模擬店を計画する。文化祭ポスターも同校美術部員が作った。

 一般公開は午前9時半~午後2時半。生徒たちが音楽に合わせて字を書く「書道パフォーマンス」やダンス、軽音楽を披露し、文化系クラブの合同作品展示がある。同窓生のバルーンアーティストは教室を飾り、夢の国を演出する予定。音楽室は「ジャズ喫茶」に変身する。同窓会や教職員の展示や模擬店もあり、幅広い人が楽しめるという。

 講演会は最後まで地域の学舎として頑張っていこうと同窓会が主催する。「呉美保さんと語り合う青春」は、その4回目。はじめに呉さん監督作品「きみはいい子」を午前10時20分から上映。午後1時から、生徒たちの質問に答える形で高校時代の思い出や映画について話す予定。

 桔高は名張西高校との統合(名張青峰高校)により本年度末で閉校し、45年間の歴史に幕を閉じる。

 文化祭、講演会とも無料。一般の希望者は高校にファクス=0595(65)1759=やメールで申し込む。

 (問)名張桔梗丘高校=0595(65)1722

 (沢田一朗)

旅コラム
国内
海外