【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】ちょこたび岩瀬 富山市

【富山】ちょこたび岩瀬 富山市

ジャンル・エリア : グルメ | 乗り物 | 富山 | 文化 | 鉄道  2017年09月07日

「鉄道むすめ」キャラクターの岩瀬ゆうこに似たポートラムアテンダントの石田舞さんが案内してくれた

「鉄道むすめ」キャラクターの岩瀬ゆうこに似たポートラムアテンダントの石田舞さんが案内してくれた

路面電車、運河巡り満喫

 富山市を走る路面電車「ポートラム」で港町の岩瀬地区に向かい散策、帰りは運河クルーズを楽しめる旅のプランがある。同市観光協会が企画した富山駅北を発着点にしたツアー「ちょこたび岩瀬」に参加した。ポートラムアテンダントが同行して、町の見どころや穴場を教えてくれる。

 富山駅北から富山ライトレール富山港線に乗る。流線形で丸みを帯びたポートラムは低い床が特徴で乗り降りが楽。車内はカメラを手にした観光客や買い物帰りの年配者、中高生らで大にぎわい。駅の間はいずれも1キロ未満で、沿線の雰囲気を味わいながら、ゆっくりと進む。

 この日のアテンダントは石田舞さん(26)で、同社の「鉄道むすめ」キャラクター「岩瀬ゆうこ」に似ている。「この沿線で生まれ育ち、今もポートラムで通勤していますので案内は任せてください」と石田さん。おいしいスイーツやすし店など、地元ならではの穴場情報も教えてくれた。20分ほどで東岩瀬駅に着いた。

 江戸から明治期にかけて北前船の寄港地として栄えた岩瀬地区の古い町並みをゆっくりと散策する。立ち寄った国指定重要文化財の北前船廻船問屋森家は黒光りする吹き抜けの梁(はり)に迫力がある。次は石田さんお薦めの三角どら焼きやニシンの昆布巻きなどを食べ歩き。富山を代表する銘酒「満寿泉(ますいずみ)」の蔵元もある。

帰りは運河などをゆったりとクルーズ=いずれも富山市で

帰りは運河などをゆったりとクルーズ=いずれも富山市で

 帰りは、土産がそろう岩瀬カナル会館から、富岩(ふがん)水上ラインでクルーズをして市中心街に戻る。ソーラーパネルが搭載され、電気モーターで動く船で出発して、ゆっくりと岩瀬運河から富山港に出て富岩運河へ。

 見どころの1つ中島閘門(こうもん)へ入る。上下流2つのゲートで2.5メートルの水位を調整する。しばらくすると、船がじわりじわりと上昇する。「これがパナマ運河方式で、水のエレベーターと呼ばれています」と石田さん。運河沿いは遊歩道が整備されて、海からの風が心地良い。

 富岩運河環水公園に着き1時間ちょっとのクルーズが終了した。公園は「水辺のオアシス」といった雰囲気で遊歩道や芝生広場が整備され、映画のロケ地としても使用されている。8月26日にオープンした富山県美術館や世界一美しいといわれる「スターバックス」などもあり、「若者に人気のあるデートスポットなんですよ」と石田さん。旅の終わりの富山駅北までは歩いて10分。中心街にこんな憩いの場所があるなんてうらやましい。これから、さらに人気が出そうなスポットだ。 (柳沢研二)

 ▼ガイド 「ちょこたび岩瀬」は16、30日、10月7、21日、11月4、18日に開催。富山駅北に午後0時半に集合し、同4時10分ごろ解散。3日前までに要予約。ポートラムや運河クルーズ運賃などの料金込みで中学生以上2800円、小学生1500円。観光販売システムズ(電)050(3775)4727。観光については、とやま観光案内所(電)076(432)9751

(中日新聞夕刊 2017年9月7日掲載)

旅コラム
国内
海外