【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】山車 昼も夜も魅了 海老江曳山まつり

【富山】山車 昼も夜も魅了 海老江曳山まつり

ジャンル・エリア : まつり | 富山 | 文化 | 歴史  2017年09月25日

海老江地区を巡行する提灯山=射水市海老江地区で

海老江地区を巡行する提灯山=射水市海老江地区で

 射水市海老江にある海老江加茂(かも)神社の秋季例大祭「海老江曳山(ひきやま)まつり」が23日行われ、江戸時代後期から続く歴史あるからくり人形を載せた東町、中町、西町の山車3基が海老江地区を引き回した。

 花飾りが豪華絢爛(けんらん)な高さ6メートルの「花山」が法被を着た氏子、若衆の威勢のよい「イヤサー、イヤサー」の掛け声で巡行。夜には、ちょうちんの明かりをともした「提灯(ちょうちん)山」に趣を変えた。

 昼夜に、東町の「唐子遊び」、中町の「唐子懸垂廻転(かいてん)」、西町の「唐猿(とうえん)童子」のからくり人形の実演があり、多くの観衆が見物した。

 同日午後7時半には、海老江こども園前に3基が向かい合い、からくり実演のほか、3町の若衆が順番に各町の曳山木やり唄を歌い、祭りを盛り上げ、最後は若衆がやんさおどりをにぎやかに踊った。同市内では海老江曳山まつりから射水3大曳山まつりが始まり、10月1日に新湊曳山まつり、同8日に大門曳山まつりが行われる。 (武田寛史)

旅コラム
国内
海外