【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】大津祭、準備は万端 曳山組み立て「曳初め」

【滋賀】大津祭、準備は万端 曳山組み立て「曳初め」

ジャンル・エリア : まつり | 文化 | 近畿  2017年10月02日

「湯立山」を組み立てる玉屋町の住民ら=大津市中央で

「湯立山」を組み立てる玉屋町の住民ら=大津市中央で

 7、8日の大津祭を前に、各町の13の曳山(ひきやま)を組み立てる「山建て」と町内を巡行する「曳初(ぞ)め」が1日、大津市の天孫神社周辺で一斉に行われた。

 各町は、蔵の前で1つずつ分解して保管してある部品を順に組み立て、曳山を完成させた。午後からは各町内を1時間ほど曳(ひ)き回し、地元住民にお披露目した。

 「湯立山」を持つ玉屋町では自治会員ら30人が、午前7時から約5時間かけて作業。台車部分から順に、部品を縄や金具で固定して積み上げ、最後に太鼓や鉦(かね)を積んでいた。曳山責任者の栗山節三さん(69)は「祭りが近づいてきたと実感し、わくわくしてきた。当日は観覧者も含め、けがのないよう細心の注意を払いたい」と話した。

 (成田嵩憲)

旅コラム
国内
海外