【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】一宮市スケート場今季の営業始まる 14、15日は無料開放

【愛知】一宮市スケート場今季の営業始まる 14、15日は無料開放

ジャンル・エリア : スポーツ | 愛知  2017年10月11日

氷上を滑走する来場者たち=一宮市松降1の市スケート場で

氷上を滑走する来場者たち=一宮市松降1の市スケート場で

 西尾張で唯一のアイススケート施設、一宮市スケート場(同市松降1)が8日、今季の営業を始めた。14、15の両日には無料開放される。

 リンクは横42メートル、縦20メートル。来年3月まで、平日は午前11時~午後8時、土日と祝休日は午前10時~午後8時に営業する。

 来年2月には冬季五輪が控えており、ウインタースポーツが注目を集めそう。母親と一緒に遊びに来た同市大和西小3年の女児(9つ)は「毎年10回ぐらい滑りにくるので、(オープンが)待ち遠しかった」と喜んだ。

 滑走料は大人1000円、学生800円、小学生以下600円。夜間は半額。貸し靴は300円。(問)同スケート場=0586(72)7191

旅コラム
国内
海外