【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】昆虫館キャラ「むし太郎」 白山 漫画通じ虫の魅力紹介

【石川】昆虫館キャラ「むし太郎」 白山 漫画通じ虫の魅力紹介

ジャンル・エリア : イベント | 展示 | 生き物 | 石川  2017年10月17日

マスコットキャラクター「むし太郎」をPRする渡部晃平学芸員=石川県白山市の県ふれあい昆虫館で

マスコットキャラクター「むし太郎」をPRする渡部晃平学芸員=石川県白山市の県ふれあい昆虫館で

 石川県白山市の県ふれあい昆虫館は、初のマスコットキャラクター「むし太郎」を作った。18日から始まる企画展では、むし太郎がさまざまな昆虫とふれあう漫画を通じて虫の魅力を紹介する。

 むし太郎は、カブトムシの角のような髪形が特徴の元気な男の子。大きな虫の卵から生まれた妖精で、虫と話すことができるという設定だ。

 渡部晃平学芸員が「虫の魅力を分かりやすく伝えるキャラクター」を目指して考案し、斉木亮太学芸員がイラストを描いた。

 初登場になる企画展「むし太郎と学ぶ昆虫の世界」では、職員が分担して執筆した漫画をA1サイズのパネルで掲示。全部で6話あり、むし太郎はカブトムシと相撲したり、ゲンゴロウに乗って飛んだり。来館者は物語を楽しみながら、虫への理解を深められる。

 むし太郎にふんした職員と一緒に昆虫とふれあうイベント(日曜、祝日の午前11時から)、来館者もなりきれる記念撮影コーナーなどもある。

 渡部学芸員は「虫が苦手な人にも漫画ならかわいく紹介できる。むし太郎と一緒に虫の世界を体験してほしい」と話している。

 企画展は12月4日まで。火曜休館。 (谷口大河)

旅コラム
国内
海外