【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】巨大パエリアおいしーね 氷見で海に親しむ催し

【富山】巨大パエリアおいしーね 氷見で海に親しむ催し

ジャンル・エリア : イベント | グルメ | 富山  2017年10月18日

直径2メートルの鍋を使い炊き上げた800人分の巨大パエリア=氷見市漁業文化交流センターで

直径2メートルの鍋を使い炊き上げた800人分の巨大パエリア=氷見市漁業文化交流センターで

 海に親しむ催し「トトタベローネ氷見~氷見の海と魚が一番やちゃ~」が氷見市内で開かれている。29日まで。

 氷見沖をクルージングする「ナミノローネ」や海浜植物に関するクイズに答える「マナボーネ」など、海に関するイベントを市内各地で開催している。

 初日の15日には、「タベローネ」として、市漁業文化交流センターで800人前の「氷見まるごと巨大パエリア」が振る舞われた。直径2メートルの鍋で、氷見のアオリイカと魚のあら汁を使って炊きあげた。高岡市万葉小学校6年の女児(11)は、「こんなにたくさん作るの大変そう。イカがおいしかった」と話していた。

 「トトタベローネ」は2015年に氷見市で始まり、ことしは石川県珠洲市や青森市など全国7地域で開催されている。21日には比美乃江公園で、高岡市出身の怪魚ハンター小塚拓矢さんが登場するクイズ大会「ナルホドーネ」がある。 (小寺香菜子)

旅コラム
国内
海外