【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】化石発掘体験の「ホロッサ」28日オープン

【福井】化石発掘体験の「ホロッサ」28日オープン

ジャンル・エリア : 歴史 | 福井  2017年10月27日

1000平方メートルの屋根付き広場で快適に化石発掘が楽しめる体験場=大野市角野で

1000平方メートルの屋根付き広場で快適に化石発掘が楽しめる体験場=大野市角野で

 大野市化石発掘体験センター「HOROSSA!」(ホロッサ)が28日、同市角野の九頭竜国民休養地にオープンする。

 屋根付きの屋外施設で広さは1000平方メートル。市が約2億円で整備した。8メートル四方の発掘体験場5カ所と小さめの1カ所があり、同市和泉地区に点在する古生代(4億年前)からジュラ紀(1億6000万年前)、白亜紀前期(1億3000万年前)までの各地層から採取した岩石を地質年代ごとに搬入。

 施設を管理運営するNPO法人九頭竜化石研究会の担当者の指導を受けながら、アンモナイトや、恐竜の骨や歯、貝類や植物などさまざまな化石を見つけることができる。最大200人の発掘体験が可能。

 26日は関係者向け内覧会があり、地元の和泉小学校の児童8人が発掘体験。ゴーグルを着け、ハンマーとタガネで石を割り、貝や植物の化石を見つけると歓声を上げていた。

 研究会の久保田豪(たけし)理事長(35)は「複数の地層年代の岩石を運び込んで発掘体験ができるのはここだけ」と期待を寄せている。

 料金は一般1000円、高校生800円、中学生以下500円。営業時間は午前9時~午後4時半。研究が必要な化石以外は1人2個まで持ち帰ることができる。28日は県立恐竜博物館の研究員による講演会があるほか、クリアファイルなど恐竜グッズを先着で進呈する。

 (問)同センター=0779(78)2070

 (藤井雄次)

旅コラム
国内
海外