【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】カルメン高らかに 三井寺で大津京1350年祝い

【滋賀】カルメン高らかに 三井寺で大津京1350年祝い

ジャンル・エリア : イベント | 展示 | 歴史 | 芸術 | 近畿  2017年11月06日

金堂をバックにオペラを熱演する出演者たち=大津市園城寺町の三井寺で

金堂をバックにオペラを熱演する出演者たち=大津市園城寺町の三井寺で

 近江大津宮(大津京)が開かれて1350年を記念するイベント「大津・ルーツ・ジャパン」が始まり、大津市の三井寺で5日、「吟遊楽人たちの饗宴(きょうえん)」と題した音楽イベントがあった。

 国宝の金堂前に設けられた野外ステージには400人が集まった。松本太郎さんによる尺八の厳かな音色に合わせ、ナレーターが大津京があった5年半の歴史を語った。

 続いてオペラ「カルメン」から名場面を上演。赤や紫の照明で彩られた金堂をバックに、カルメン役の前田真木子さんら3人の歌手が劇中の名曲を高らかに歌い上げた。

 訪れた大津市の主婦(43)は「カラフルな光がお寺の雰囲気に意外にも合って幻想的だった。大津の歴史が誇らしく思われた」と話した。

 大津京は天智天皇が現在の大津市錦織付近に築いた都。イベントは、びわ湖大津観光協会が主催する。11~26日に日吉大社で大津京をテーマにしたライトアップがあり、期間中に尺八の公演も予定。18日~12月3日には、石山寺で「美と空(くう)の対話」と題した美術展も催される。

 (野瀬井寛)

旅コラム
国内
海外