【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】津ぅのドまんなかバル 11、18日、60店が特別メニュー

【三重】津ぅのドまんなかバル 11、18日、60店が特別メニュー

ジャンル・エリア : まちおこし | グルメ | 三重  2017年11月07日

参加を呼びかける津クイーンの井本さん(左)と増田実行委員長=津市内で

参加を呼びかける津クイーンの井本さん(左)と増田実行委員長=津市内で

 津市の中心部、大門周辺の飲食店を手軽な値段ではしごする「津ぅのドまんなかバル」が11日と18日、同市大門のだいたて商店街周辺で開かれる。約60店が提供する500~1000円の特別メニューで、食べ飲み歩きを楽しめる。

 空洞化が進む中心市街地を活性化しようと、地元有志らでつくる実行委員会が開き、4年目。

 実行委員長の増田芳則さん(37)は大門の昔ながらの飲食店の特徴として、商談に使われていたこともあって外から様子が分かりにくい店が多いことを挙げ「イベントの気軽さで心理的なハードルを下げたい」と話す。店側も新規顧客の開拓や定着を図る。

 専用のエントリーチケットを提示すると、各店が準備した酒とおつまみのセットなど500円、700円、1000円の3種類の特別メニューを注文できる。通常より割安に設定している店が多く、うなぎ店や洋食店、和菓子店も参加し、昼夜問わず楽しめる。今年は全店舗が500円メニューを用意した。18店では、終了後も割引券などとして使えるオプションにも対応する。

 11日はプロ、アマ問わずジャズミュージシャンが一帯のアーケードやライブハウスで演奏する「津ぅのドまんなかジャズ」を開催する。18日は、古本市や雑貨市、木工教室などが出展する「津ぅのドまんなかブックテラス」も開く。

 当日、参加する津クイーンの井本水夏さん(20)は「あまり知らない大門をみんなと発掘したい」と参加を呼びかける。

 チケットは津駅前観光案内所や別所書店3店、本の王国文化センター前店などで購入できる。前売り券1つづり500円、当日券600円。(問)実行委=メールz.domannaka.bar@gmail.com

 (松崎晃子)

旅コラム
国内
海外