【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】30万球のイルミネーション 一宮で11日から

【愛知】30万球のイルミネーション 一宮で11日から

ジャンル・エリア : イルミネーション | テーマパーク | 愛知 | 花火  2017年11月09日

準備の進む園内で、ポスターを手に来場を呼び掛ける重本さん=一宮市光明寺の138タワーパークで

準備の進む園内で、ポスターを手に来場を呼び掛ける重本さん=一宮市光明寺の138タワーパークで

 7日の立冬を過ぎ、冬の訪れを肌で感じる中、一宮市光明寺の138タワーパークで11日からクリスマスイルミネーションが始まる。今年のテーマは「Ring(指輪)」。誕生石をイメージした12の光のオブジェを置くといい、園内は30万球の発光ダイオード(LED)電球できらびやかに彩られる。

 オブジェは26.4ヘクタールの園内に点在。ツインアーチ138ふもとの「花の小径(こみち)」では、1月の誕生石・ガーネットを表現した赤色の電球を飾り付けたトンネルが来場者を迎える。大芝生広場では9月の誕生石・サファイアを表した青色の電球の輪が頭上を彩る。

 見どころは、ツインアーチ展望階から見るイルミネーションと夜景の融合。上から見ると、光が宝石のように見えるオブジェもあり、企画担当の重本愛さん(41)は「上からも下からも楽しめる」と話す。アーチ自体もクリスマスツリーをイメージして緑一色にライトアップされる。

 11日午後5時からは、一宮市出身のお笑い芸人、スギちゃんを招いて点灯式を開催。25日と12月9日は300発の花火も打ち上げる。パーク事業課の三浦友明調査役(60)は「自分や家族、恋人の誕生石を探しながら、ロマンチックな夜の園内散策を楽しんで」と呼び掛けた。

花の小径に設置されるガーネットを表現した光のトンネルのイメージ図

花の小径に設置されるガーネットを表現した光のトンネルのイメージ図

 イルミネーションは開園以来毎年催し、22回目。今年は休園日の13日を除き、12月25日まで毎日午後5時から点灯する。平日は午後9時、土日祝日は午後10時まで。来年1月はニューイヤーイルミネーションと名前を変え、三が日と土日祝日に午後5~9時に同様の電飾を光らす。(問)138タワーパーク=0586(51)7105

 (植木創太)

旅コラム
国内
海外