【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】冬の風物詩に 甲賀、ペットボトルでイルミネーション

【滋賀】冬の風物詩に 甲賀、ペットボトルでイルミネーション

ジャンル・エリア : イルミネーション | オブジェ | 近畿  2017年11月22日

周囲を幻想的に照らすペットボトルのイルミネーション=甲賀市で

周囲を幻想的に照らすペットボトルのイルミネーション=甲賀市で

 甲賀市甲賀町の上野ふれあい広場に、ペットボトルを組み合わせて作ったイルミネーションがお目見えし、夜を幻想的に照らし出している。

 冬の風物詩にしようと地元の油日自治振興会が取り組んで5年目。今年は最大で高さ7メートルの3本のツリーに加え、光のトンネルやハート形のイルミネーションを施したベンチを設置した。ツリーは緑や青、金色の発光ダイオード(LED)を巻き付けている。

 使用した6000本のペットボトルは、地域住民から回収。うち300本には、油日小学校の児童や地域の園児、お年寄りらが自らの夢や絵をかき込んだ。

 点灯は来年1月26日までの午後5~10時。自治振興会の堀内裕一(まさひと)会長(62)は「トンネルをくぐったり記念撮影したりして、冬の夜を明るい気持ちで過ごしてもらえたら」と話す。 

 (築山栄太郎)

旅コラム
国内
海外