【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】芭蕉の句を通して 義仲、実盛身近に 山中温泉で資料展示

【石川】芭蕉の句を通して 義仲、実盛身近に 山中温泉で資料展示

ジャンル・エリア : 展示 | 歴史 | 温泉 | 石川  2017年12月01日

松尾芭蕉と木曽義仲や斎藤実盛に関する資料=加賀市山中温泉本町で

松尾芭蕉と木曽義仲や斎藤実盛に関する資料=加賀市山中温泉本町で

 江戸時代の俳人松尾芭蕉(ばしょう)(1644~94年)と関係のある平安時代の武将木曽義仲と斎藤実盛に関する展示が、加賀市山中温泉本町の山中温泉芭蕉の館で開かれている。

 芭蕉が義仲に思いをはせて詠んだ句が入る俳諧集「泊船集」や実盛のかぶとについて詠んだ「むざんやな 甲(かぶと)の下の きりぎりす」を収録する俳諧集「猿蓑(さるみの)」などの資料40点を展示。倶利伽羅(くりから)峠の戦いを描いた浮世絵や実盛のかぶとのレプリカも並んでいる。

 展示資料は芭蕉を通して県内にゆかりのある義仲や実盛について触れてもらおうと、俳文学愛好家の小笠泰一さん(58)=金沢市=が提供した。小笠さんは「資料の現物に触れて義仲や実盛にも身近に感じてほしい」と話す。

 来年3月末までの午前9時~午後5時。水曜休館。 (谷大平)

旅コラム
国内
海外