【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】広場照らす光の祭典 紀宝でイルミネーション

【三重】広場照らす光の祭典 紀宝でイルミネーション

ジャンル・エリア : イベント | イルミネーション | 三重  2017年12月05日

夜の闇に鮮やかに浮かび上がるイルミネーション=紀宝町大里で

夜の闇に鮮やかに浮かび上がるイルミネーション=紀宝町大里で

 紀宝町大里の町ふるさと資料館前の広場で1日夜、「光の祭典 in 紀宝」が始まった。発光ダイオード(LED)と電球、計20万個による光の競演が暗闇に映え、訪れる人を楽しませている。午後6~10時。来年1月5日まで。

 会場には高さ20メートルのクリスマスツリーのほか、海の生物、星、サンタクロース、町内児童がデザインした作品が並ぶ。今年はハート形の飾りの前の踏み台に立つと「LOVE」の文字が浮かび上がる演出を凝らし、カップルらが記念撮影できるようになっている。

 人がくぐれるトンネルやアーチもあり、初日に訪れた新宮市神倉小学校6年の男児と、いとこで4年の女児は「どれもきれいで、トンネルが楽しかった」と見入っていた。

 17日までの土、日曜の午後6時半~8時半には、シャボン玉を降らせる企画を予定。23日午後5時には音楽イベント「キラフェス」がある。雨天時は24日に順延。

 祭典は16回目で、住民や町職員らでつくる実行委が11月上旬から準備を進めていた。(問)実行委事務局(町企画調整課)=0735(33)0334

 (木造康博)

「LOVE」の文字が浮かび上がるハート形の飾り=紀宝町大里で

「LOVE」の文字が浮かび上がるハート形の飾り=紀宝町大里で

旅コラム
国内
海外