【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】心のもやもや アートに 青草 作家・坂本さん個展

【石川】心のもやもや アートに 青草 作家・坂本さん個展

ジャンル・エリア : 展示 | 石川 | 芸術  2017年12月19日

自分の内面を表したバスタブ形の作品を紹介する坂本のどかさん=金沢市青草町の金沢アートグミで

 白山市出身で東京都町田市在住の現代美術作家坂本のどかさん(32)の個展「ゆらぎの所在」(北陸中日新聞後援)が、金沢市青草町の金沢アートグミで開かれている。真っ暗な空間に、もやもやした気持ちや他者との境界を表した映像やオブジェが並ぶ。

 坂本さんは筑波大大学院の芸術専攻総合造形領域を修了。玉川大(町田市)で非常勤講師をしながら、作家活動をしている。今回は金沢アートグミの寄付金を活用した企画公募展で、金沢での個展は初めて。

 蛇口を緩めるとため息の声が漏れる作品「ためいきまじり」(2007年)や自分の4つの頭が湯から出たり入ったりする映像を映したバスタブ形の作品(12年)など4点で構成される。坂本さんは「一般的にため込むと良くない感情を作品にすると、おかしみが感じられる」と紹介する。

 新作も発表した。会場に女性の声がこだまする中、壁に明かりのともった家の窓がいくつも投影され、カーテンが開いた瞬間だけ、声が止まる。坂本さんは「ぼやけた存在感が心地良く、あえて無音で他者の存在を表現した」と話した。

 会期は1月8日まで。水曜休み。年末年始は27日~1月4日休み。 (督あかり)

旅コラム
国内
海外