【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】知恵の神は受験の味方 志摩マリンランドで神事

【三重】知恵の神は受験の味方 志摩マリンランドで神事

ジャンル・エリア : 三重 | | 神社・仏閣  2017年12月22日

学業成就を祈願し、玉串をささげる職員=志摩市阿児町神明の志摩マリンランドで

学業成就を祈願し、玉串をささげる職員=志摩市阿児町神明の志摩マリンランドで

 本格的な受験シーズンを前に、志摩市阿児町神明の水族館「志摩マリンランド」内にある「賢島(かしこいしま)神社」で21日、神事が営まれ、職員が受験生の学業成就を祈願した。

 知恵と学問の神様「八意思兼神(やごころおもいかねのかみ)」、海水をつかさどる海の神「塩椎神(しおつちのかみ)」、水の神「弥都波能売神(みづはのめのかみ)」の三柱を祭る。受験生の学力や運気の向上を祈り、毎年、この時期に神事を開いている。

 神事には、職員15人が参列し、近くの神明神社の小崎亮宮司(29)が祝詞を上げ、玉串をささげた。里中知之館長は「受験勉強の息抜きに訪れ、合格祈願をしてもらえれば」と話した。

 マリンランドがある賢島が「かしこいしま」と読めることにちなみ、2011年9月に水族館入り口に神社を設けた。高さ90センチ、幅85センチ、奥行き60センチの水槽を囲むように、ひのき造りの社殿がある。

 水槽には、頭を上にして泳ぐ習性がある「アオギハゼ」50匹とタツノオトシゴの仲間「オオウミウマ」1匹が泳ぐ。学力や運気が上向きになるようにとの願いが込められている。さい銭は希少動物の保全活動のための「野生動物保護基金」に寄付する。

 アオギハゼとタツノオトシゴのキャラクターをあしらった賢島神社オリジナルのお守りを330円(税込み)で販売している。(問)志摩マリンランド=0599(43)1225

旅コラム
国内
海外