【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】戌にちなむ植物 展示 県中央植物園 写真や標本など

【富山】戌にちなむ植物 展示 県中央植物園 写真や標本など

ジャンル・エリア : テーマパーク | 富山 | 展示  2017年12月25日

イヌにちなんだ植物や写真などを展示する会場=県中央植物園で

 来年の干支(えと)「戌(いぬ)」にちなんだ植物を紹介するミニ展示が、富山市の県中央植物園で始まった。名前や見た目からイヌと関係のある12種類を実物や写真などで紹介している。来年1月半ばごろまで。

 名前に「イヌ」が付く植物には、有用な植物より質が劣るなど否定的な意味が含まれることが多いという。香辛料に使われる本タデに対して辛みがなく役に立たないイヌタデや、ビワのような実がなるものの質が劣るイヌビワなどがあり、それぞれ標本と植物画で紹介している。

 実物は4種類を展示。タカワラビは中国名で金毛狗(きんもうこう)と呼ばれ、「狗」はイヌを意味する。毛で覆われた根茎を金色の毛のイヌに見立てているという。

 同園企画情報課の吉田めぐみ副主幹は「昔の人は植物をよく見て名前を付けている。植物に興味を持つきっかけに」と来場を呼び掛けている。午前9時~午後4時半。入園料は大人300円、高校生以下と70歳以上は無料。木曜と28日~1月4日は休み。 (山中正義)

旅コラム
国内
海外