【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】古民家料理店、寄ってみて 小浜、1月開店「ございん」

【福井】古民家料理店、寄ってみて 小浜、1月開店「ございん」

ジャンル・エリア : まちおこし | グルメ | 特産 | 福井  2017年12月26日

相沢さんが1階に料理店「ございん」を開く古民家=小浜市加茂で

 小浜市の元地域おこし協力隊員相沢弘美さん(41)が、同市加茂の築80年以上の古民家を借り受け、料理店「ございん」を1月中旬に開店する。「ございん」は古里、宮城県の方言で「寄っていってください」という意味。落ち着いた和室で故郷の味を提供する。

 相沢さんは2014年春から3年間、協力隊員として市商工観光課に勤務。観光ツアーや移住定住者誘致に取り組んできた。

 昨年、退任間際に携わった空き家見学ツアーで、2階建てのこの古民家に一目ぼれ。地元でメガファームを経営する「若狭の恵」が購入したのを借り受け、床板やサッシの取り換えなどを進めた。同時に、1階の10畳と6畳の和室2間を店舗用スペースとして整え、玄関で履物を脱いで上がり、ゆったり食事ができるようにした。

 店では、若狭の恵から購入する野菜を中心に使った料理を提供し、ずんだ餅や芋煮、玉こんにゃく、サケの炊き込みご飯にイクラを載せた「はらこ飯」、クズでとろみをつけた野菜のあんをにゅうめんにかけた「おくずかけ」などを楽しんでもらう。

 週4日(金曜~月曜)、午前11時から午後6時(ランチは午後2時)まで営業する予定で、料理は500~1000円。残りの週3日は不定期で、草木染やとんぼ玉作りの体験会などを行う。

 相沢さんは「とにかく、のんびりしていただければ」と話している。(問)アイザワ商店=0770(50)9031

 (山谷柾裕)

旅コラム
国内
海外