【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】展示ケース増設、狗子図腰高障子を初公開 草津宿街道交流館

【滋賀】展示ケース増設、狗子図腰高障子を初公開 草津宿街道交流館

ジャンル・エリア : 展示 | 文化 | 歴史 | 芸術 | 近畿  2018年01月09日

初公開となった「狗子図腰高障子」=草津市の草津宿街道交流館で

初公開となった「狗子図腰高障子」=草津市の草津宿街道交流館で

 草津市草津3の草津宿街道交流館が展示室の一部をリニューアルした。「ほんもの」の魅力に触れてもらう狙いで、実際の歴史資料を間近に見られる展示ケースを増設。2月4日まで、正月にちなむ絵や小物を集めた記念企画展を開いている。

 映像モニターがあった場所に新たに展示ケースを4個設置。幅3.6メートルのケースでは、大型資料も展示できるようになった。発光ダイオード(LED)の照明で、明るくくっきりと文字が読み取れるケースもある。

 映像展示を新しくするには機器の更新が必要な上、近年はインターネットでの動画配信も当たり前になった。新鮮さが薄れる中、館は「博物館でしか見られないものを」と方針転換。来年の開館20周年に向けて、順次改装を進める。

 企画展では、正月や戌(いぬ)年にちなむ約50点を展示。史跡草津宿本陣にあった「狗子(くし)図腰高障子」は初公開で、黒と白のイヌがじゃれあうようなユーモラスなタッチが特徴だ。

 明治維新から150年の節目であることから、近代郵便の父・前島密が草津の知人に宛てた年賀状も展示。「明治6年の政変」の経緯を記した第1級の史料を見られる。

新設の展示ケースで見られる記念切符など=草津市の草津宿街道交流館で

新設の展示ケースで見られる記念切符など=草津市の草津宿街道交流館で

 明治期の広告ポスターのほか、昭和4、50年代の鉄道の正月記念切符も。券面にえとが描かれていたり、お札の形をしていたりして、どれも華やか。阪急電鉄の旧称「京阪神急行電鉄」の印字がある切符も目を引く。

 入館料は大人200円、高校・大学生150円、小中学生100円。月曜休館。(問)同館=077(567)0030

 (野瀬井寛)

旅コラム
国内
海外