【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】合掌造り、幻想的に 飛騨の里でライトアップ

【岐阜】合掌造り、幻想的に 飛騨の里でライトアップ

ジャンル・エリア : イルミネーション | サブカルチャー | 岐阜 | 文化 | 自然  2018年01月17日

ライトアップされた合掌造り家屋とトトロの雪像=高山市上岡本町1で

ライトアップされた合掌造り家屋とトトロの雪像=高山市上岡本町1で

 高山市上岡本町1の飛騨の里で、冬のライトアップが始まった。2月28日まで。

 1分間隔で5色に変化するライトなど、大小70基が氷の張った五阿弥池や合掌造り家屋などを幻想的に照らしている。期間中は、甘酒やシイタケ茶が振る舞われる。

 中国から夫と訪れた女性(30)は「屋根の上に積もった雪がライトに照らされてきれいだった」と話していた。

 入り口には高さ約3メートル、直径約2.5メートルのトトロの雪像もあり、訪れる人を楽しませている。ライトアップする午後5時半~9時の入館料は大人300円、小学生以上100円。高山市民は無料。

 (西浦梓司)

旅コラム
国内
海外