【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】敦賀赤レンガ倉庫、ジオラマ館の映像刷新 2月1日から

【福井】敦賀赤レンガ倉庫、ジオラマ館の映像刷新 2月1日から

ジャンル・エリア : イベント | エンタメ | 展示 | 福井  2018年01月31日

クイズを交えて敦賀市内の観光地を紹介する映像=敦賀市金ケ崎町で

クイズを交えて敦賀市内の観光地を紹介する映像=敦賀市金ケ崎町で

 敦賀市金ケ崎町の「敦賀赤レンガ倉庫」のジオラマ館で流される新しい館内映像「まったり敦賀浪漫」が完成し、1日から上映を始める。クイズを交えて市内の観光地を紹介する楽しい内容になっている。

 敦賀赤レンガ倉庫は2015年10月にオープン。17年12月末までに約24万5000人がジオラマ館に訪れたが、来場ペースは緩やかになっており、展示内容を強化しようと、指定管理を担う丹青社(東京)が昨年夏から製作していた。費用は約730万円。

 まったり敦賀浪漫は、現在上映されている昭和初期の敦賀を伝えるジオラマショー(10分)に続いて流れる。赤レンガ倉庫を模したキャラクターが市内を巡る物語仕立てになっている。

 近くの「人道の港 敦賀ムゼウム」や気比神宮、市立博物館が写真で登場。赤レンガ倉庫のかつての用途や金崎宮の通称名がクイズになっていて、外国人用に英語のテロップも表示される。時間は5分。午前9時半~午後5時に16回流れる。

 早田勇二施設長は「ストーリーを楽しみながら敦賀市を知ることができる内容。赤レンガ倉庫の後に他の観光地にも足を運んでもらいたい」と話している。

 2月1~27日は記念イベントが開かれ、クイズ全4問に正解すると、オリジナルグッズが贈られる。水曜休館。中学生以上400円、小学生以下200円。

 (米田怜央)

旅コラム
国内
海外