【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】色とりどり「つるしびな」 鈴鹿の金丸さん方

【三重】色とりどり「つるしびな」 鈴鹿の金丸さん方

ジャンル・エリア : 三重 | 展示 | 工芸品 | 文化  2018年03月01日

自作のつるしびなをずらりと並べた金丸さん=鈴鹿市岸岡町で

自作のつるしびなをずらりと並べた金丸さん=鈴鹿市岸岡町で

 鈴鹿市岸岡町(通称・ひばりケ丘)2707の101の自宅で、金丸ふく子さん(70)がつるしびな展を開いている。3日まで。

 がんを患ったことをきっかけに、同じ病気の人に前向きな気持ちを持ってもらおうと、つるしびな作りを始め、10年目。今回は約70点を並べた。さおや傘に掛けた色とりどりの人形が、春らしい雰囲気を醸し出している。うさぎの顔をし、和服を着た人形も愛らしい姿を見せている。

 金丸さんは「高齢化社会を迎え、お年寄りにも元気を与えられたら」と話す。展示は午前9時半~午後3時。4~15日も予約すれば見学可。(問)金丸さん=059(386)3655

 (河北直行)

旅コラム
国内
海外