【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】一足早く春 到着 新高岡駅に「チューリップ」

【富山】一足早く春 到着 新高岡駅に「チューリップ」

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | | 鉄道  2018年03月08日

いろいろな品種のチューリップが飾られた作品=北陸新幹線新高岡駅で

いろいろな品種のチューリップが飾られた作品=北陸新幹線新高岡駅で

 北陸新幹線新高岡駅の南北自由通路で7日、チューリップを使ったフラワーアレンジメント作品が展示され、一足早く春の風を吹き込んでいる。19日まで。

 チューリップは高岡市の戸出町チューリップ切花生産部会が生産。同市農協や富山フラワーネットワークが駅の開業3周年を記念して、県産チューリップPRのために企画した。

 作品のタイトルは「チューリップの壁」。高さ約2メートル、幅約4メートル、厚さ約1メートルの壁の側面に色鮮やかなチューリップが飾られている。同生産部会のオリジナル品種「花」のほか、「夜の帝王」「サンブカ」「マウントタコマ」などの切り花で構成されている。フローリストの荒幡侑美さん=高岡市=が手掛けた。

 通路を通った女子高生が「きれい、きれい」と喜び、スマートフォンで写真を撮影する観光客も。ほかにも、トイレや新高岡駅に隣接するJR城端線新高岡駅構内にも飾り、計80品種約3500本を使った。 (武田寛史)

旅コラム
国内
海外