【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】かれんな花に酔って 長浜・大通寺でアセビ展

【滋賀】かれんな花に酔って 長浜・大通寺でアセビ展

ジャンル・エリア : 展示 | | 近畿  2018年03月19日

房状にかれんな花を咲かせ、訪れた人の目を楽しませるアセビ=長浜市の大通寺で

房状にかれんな花を咲かせ、訪れた人の目を楽しませるアセビ=長浜市の大通寺で

 長浜市元浜町の大通寺で開催中の「大通寺馬酔木(あせび)展」で、鉢植えのアセビが見頃を迎えた。小指の先ほどのピンクや白の花が、枝先から房状に連なり境内を彩っている。4月18日まで。

 アセビはツツジ科の低木。毒があり、馬が食べると酔ったようになることが名前の由来とされる。寺では、市民が丹精した盆栽など、約50鉢を展示。樹齢300年ほどの古木もあり、訪れた人たちは、春の訪れを感じて楽しんでいた。

 岐阜県揖斐川町の主婦(74)は、「小さいけれど、たくましい生命力を感じる花」と話し、見入っていた。

 (横田信哉)

旅コラム
国内
海外