【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】水槽のお花見いかが 鳥羽水族館で企画展示

【三重】水槽のお花見いかが 鳥羽水族館で企画展示

ジャンル・エリア : イベント | 三重 | 展示 | 水族館  2018年03月26日

光に浮かび上がった桜色に見えるキサンゴやサクラダイ=鳥羽市鳥羽3で

光に浮かび上がった桜色に見えるキサンゴやサクラダイ=鳥羽市鳥羽3で

 鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽3)は、花と春をテーマとしたイベント「水中の花フェスタ」を4月8日まで開催している。

 「お花見ゾーン」と名付けた企画展示室で、花の名前がついた魚やイソギンチャク、サンゴなど17種の約70点を11個の水槽で紹介。「昼の桜」「夜桜」の2ブースを設け、光による演出も行っている。

 触手は黄色がかった透明だが朱色の部分のあるキサンゴ、マツのようなウミカラマツにサクラダイ2匹を放った水槽は、春の日本庭園の趣。ハナクマノミやアヤメエビス、ハナギンチャクなど色合いから花にちなんだ名前の生き物も展示されている。

 ウミヅタは8本の触手が花弁のように揺れ、群体は花畑のように見える。また、蛍光サンゴにブラックライトを当て、色合いを楽しむコーナーもある。同館では「水族館ならではの花を楽しんでほしい」と話している。(問)鳥羽水族館=0599(25)2555

 (西山和宏)

旅コラム
国内
海外