【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】断崖絶壁 海から巡る 能登金剛遊覧船 今季の運航開始

【石川】断崖絶壁 海から巡る 能登金剛遊覧船 今季の運航開始

ジャンル・エリア : 乗り物 | | 石川  2018年03月27日

岩場を縫うように進む遊覧船=石川県志賀町で

岩場を縫うように進む遊覧船=石川県志賀町で

 石川県志賀町の景勝地、能登金剛を周遊する「能登金剛遊覧船」が、今季の運航を始めた。巌門洞窟の中に入ったり、海に沈む夕日を海上から眺めたりできる。11月末まで。

 黄色と緑色の船、最大4隻が、断崖絶壁に沿うように巡る町の名物。能登金剛には、故松本清張さんの小説で舞台になった「ヤセの断崖」、日本最古の木造灯台「旧福浦灯台」がある。同乗するガイドとともに、20分ほどかけて回る。

 今年は17日に営業を始めたが波が高い日が続き、本格的には23日からスタート。運営会社の木谷茂之専務は「しばらくは穏やかな日が続きそう。たくさんの方に能登に来てもらえるようにしたい」と話している。

 乗り場は「能登金剛センター」と「旅の駅巌門」の2カ所。営業時間は午前8時から午後4時まで。料金は大人1100円、子ども550円。運航可否は当日朝に判断する。旅の駅では5月初旬までの限定で、桜風味のソフトクリームを販売している。(問)能登金剛遊覧船0767(48)1233

 (榊原大騎)

旅コラム
国内
海外