【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】川床 幸せいっぱい  鶴仙渓、営業始まる

【石川】川床 幸せいっぱい  鶴仙渓、営業始まる

ジャンル・エリア : グルメ | | 石川 | 自然  2018年04月02日

鶴仙渓の自然美を堪能できる「川床」=加賀市山中温泉河鹿町で

鶴仙渓の自然美を堪能できる「川床」=加賀市山中温泉河鹿町で

 渓谷の自然に包まれるようにお茶や甘味を楽しめる休憩所「川床(かわどこ)」の営業が1日、加賀市山中温泉河鹿町の景勝地「鶴仙渓(かくせんけい)」で始まった。10月31日まで。

 「あやとりはし」たもとの大聖寺川ほとりに5基が設けられた。休憩だけの利用のほか、地元出身の料理人道場六三郎さんが監修した「川床ロール」や「冷製抹茶しるこ」を味わうこともできる。弁当の持ち込みもでき、市内の旅館や飲食店は期間中、オリジナルの「川床弁当」を販売する。

 大阪府高槻市から、家族4人で訪れた女性(48)は、「ゆったりと緑やせせらぎを楽しめて、幸せいっぱい」と話していた。

 山中温泉観光協会などが運営し、11年目。午前9時半~午後4時。席料は加賀棒茶付き大人300円、小学生200円。甘味は300円追加する。(問)同協会0761(78)0330

 (小室亜希子)

旅コラム
国内
海外