【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】能登ミルクが ジェラート店 和倉、きょうプレオープン

【石川】能登ミルクが ジェラート店 和倉、きょうプレオープン

ジャンル・エリア : グルメ | 特産 | 石川 | 野菜  2018年04月05日

「お客さんが楽しめるような店にしたい」と意気込む堀川宙さん=七尾市和倉町で

「お客さんが楽しめるような店にしたい」と意気込む堀川宙さん=七尾市和倉町で

最年少マエストロ提供

 七尾市の乳製品販売業「能登ミルク」が、同市和倉町にジェラート店「能登ミルク本店」を開店する。5日にプレオープンし、堀川昇代表(54)の長女で、ジェラートマエストロを国内最年少で取得した宙(そら)さん(20)が、能登の生乳や食材を使ったこだわりのジェラートを提供する。(松村真一郎)

 同社は、能登の酪農家5軒の生乳や、ヨーグルトなどの加工品を販売している。生乳は、脂肪分を分解しない低温殺菌で処理しており、搾りたて本来の味にこだわる。

 「能登ミルクファクトリー」と名付けた店舗では、同社の生乳を使ったジェラートを提供。濃厚にもかかわらず、後味がすっきりした甘さに仕上がった。揚浜式塩田の塩や中島菜など、能登の食材を使った商品のほか、和倉温泉のPRキャラクター「わくたまくん」にちなんだ一品も用意する。

 ジェラート以外にも、生乳本来の甘さを楽しめるカフェラテを提供。カフェ感覚で使ってもらえるように、テーブル席を並べた。かつて使われた牛乳缶を照明に使用するなど、内装のデザインも工夫した。

 宙さんは、県内で唯一調理科がある同市の鵬(おおとり)学園高校を卒業後、東京やイタリアで2年間修業を積んだ。小さい頃から、ジェラート店を開きたいと思っていたといい、「プレッシャーもあるが、夢がかなったのでこれからが楽しみ」と笑顔で話した。

 5日は、午前10時から午後3時まで、先着500人にジェラートを無料で配布する。本格営業は7日午前9時から。(問)能登ミルク本店0767(62)2077

旅コラム
国内
海外