【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】彦根屏風を拡大し学ぼう 城博物館で26日からタッチパネル設置

【滋賀】彦根屏風を拡大し学ぼう 城博物館で26日からタッチパネル設置

ジャンル・エリア : 歴史・文化 | 芸術 | 近畿  2018年04月25日

彦根屏風タッチパネルディスプレーの画面。触ると拡大され、解説を見ることができる=彦根城博物館で

彦根屏風タッチパネルディスプレーの画面。触ると拡大され、解説を見ることができる=彦根城博物館で

 彦根市の彦根城博物館は26日、近世初期の風俗画の傑作とされる国宝「彦根屏風(びょうぶ)」について詳しく学んでもらおうと、タッチパネルディスプレーを館内に設置する。5月8日まで。

 タッチパネルは縦75センチ、横132センチ。ガラス越しで見る実物よりも拡大し、細部を確認できる。屏風に描かれた人物や小道具など画面の20カ所に触れると日本語と英語の解説が浮かぶ。

 もともと、昨年の国宝・彦根城築城410年祭の企画の一つとして製作。好評だったことから再展示する。

 博物館の担当者は「本物の屏風を見たときの第一印象で感動してもらうとともに、解説によってその背景を知ってほしい」と話す。

 (大橋貴史)

旅コラム
国内
海外