【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】29日に人工ゲレンデ開設 六呂師高原スキーパーク

【福井】29日に人工ゲレンデ開設 六呂師高原スキーパーク

ジャンル・エリア : イベント | グルメ | スポーツ | テーマパーク | 福井  2018年04月27日

緑色のマットで作られた人工ゲレンデの滑り心地を確認するマスコットら=大野市の六呂師高原スキーパークで

緑色のマットで作られた人工ゲレンデの滑り心地を確認するマスコットら=大野市の六呂師高原スキーパークで

 大野市南六呂師のスキー体験施設「六呂師高原スキーパーク」に、雪がなくても滑走が楽しめる人工ゲレンデが完成し、29日にオープンする。北陸3県初のサマーゲレンデで、通年型スキーリゾート施設として六呂師高原の再興に期待される。

 スキーパークは県が約1億5000万円を投じて整備した初心者向けの緩斜面ゲレンデ。2016年度から冬季営業しているが、通年型スキー場として、昨年6月から人工ゲレンデを追加整備してきた。

 人工ゲレンデは全長約300メートル、幅約25メートル、平均斜度は7~10度、特殊ポリエチレン製の緑色マットが敷き詰められている。マットには長さ約3センチのブラシが密集し、滑走性向上と摩擦熱によるマットの冷却を図るため、点在するスプリンクラーから数分ごとに霧状に散水される。スキーのほか、冬は滑走できないスノーボードが可能。ゲレンデ上部には手持ち式の簡易リフト2基(100、200メートル)で登る。

 26日は関係者向け内覧会があり、スキーやスノーボードを装着した関係者が緑の中を滑り降りる爽快感を満喫していた。滑走体験した県スキー連盟の長谷部祐円(ゆうえん)理事長(63)は「雪上に限りなく近い感覚。夏場の練習場所に最適で、緩やかな傾斜は初心者でも安心。スキー、スノーボード人口の拡大に期待したい」と話していた。

 営業時間は午前8時半~午後5時半。料金は大人2000円、小学生以下1000円。ゴールデンウイークと夏休み、5月と9月の土・日曜・祝日、10月第1週の週末は一般開放するが、その他の平日などは予約が必要。スキー、スノーボードともレンタルがある。ヘルメットやプロテクターは無料で貸し出すが、転倒に備え肌を露出しない服装が必要。

 29、30両日はオープン記念として、各種グルメの販売やステージイベントなどがある。(問)六呂師高原スキーパーク=0779(67)1066

 (藤井雄次)

旅コラム
国内
海外