【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】漁協直営の食堂オープン 焼津・大井川港

【静岡】漁協直営の食堂オープン 焼津・大井川港

ジャンル・エリア : グルメ | | 静岡  2018年05月11日

サクラエビのかき揚げ丼など、新鮮な海の恵みを堪能できる

サクラエビのかき揚げ丼など、新鮮な海の恵みを堪能できる

 焼津市の大井川港漁協の直営食堂「さくら」が10日、同市飯淵の漁協内に開店した。大井川港に水揚げされたサクラエビや生シラスの丼を堪能でき、初日は行列ができる人気ぶりとなった。

 鉄骨平屋建てで座席は60席。生シラスやサクラエビのかき揚げなど全8品を提供し、価格はいずれも700~800円。初日の10日は開店前から客が並び、正午ごろには長蛇の列ができた。島田市から夫婦で来ていた男性(73)は「よそとは味が全然違うので驚いた。値段も安いし、また来たい」と満足げだった。

 漁期に合わせて4~12月の木曜から日曜に営業する。営業時間は午前10時半~午後2時。同漁協は2014~16年にサクラエビとシラスの丼を提供するイベント「丼市」を定期的に開催し、盛況だったため、常設店の設置を決めた。

(佐野周平)

行列ができる人気ぶりの「さくら」=いずれも焼津市飯淵で

行列ができる人気ぶりの「さくら」=いずれも焼津市飯淵で

旅コラム
国内
海外