【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】空からパチリ新発見 富山市でドローン写真家展

【富山】空からパチリ新発見 富山市でドローン写真家展

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | | 自然  2018年05月18日

立山連峰などの風景を、2枚一組で展示した会場=富山市科学博物館で

立山連峰などの風景を、2枚一組で展示した会場=富山市科学博物館で

 ドローンを使った風景撮影で有名なプロカメラマン林明輝さんの写真展「DesignScape-新しい風景のかたち-」が17日、富山市科学博物館で始まった。「風景をデザインする」というコンセプトのもと、日本各地の絶景を2枚一組で表現した。

 同じ地点や被写体を視点や季節、時間帯を変えて撮影。県内からは雨晴海岸から望む立山連峰や剣岳から顔を出した日の出、称名滝とみくりが池のセットを展示。北海道の和琴半島では、ハスの群生をとらえた夏の写真と一面氷の冬の写真2枚が縦に並ぶ。

 ドローンで撮影した映像作品も上映され、上空から見た迫力満点の称名滝の滝つぼや、朝日町で残雪の朝日岳を背景に桜並木、チューリップ、菜の花が望める四重奏が新たな視点で楽しめる。

 増渕佳子主任学芸員は「見慣れている場所も、他の人の視点で再発見できる」と話す。6月3日まで。20日には、林さんによるギャラリートークがある。 (柘原由紀)

旅コラム
国内
海外