【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】多種多様 芸術の粋 2年ぶり 日展金沢展

【石川】多種多様 芸術の粋 2年ぶり 日展金沢展

ジャンル・エリア : 展示 | 石川 | 芸術  2018年05月30日

日本画の技法で描かれた作品が並ぶ会場=金沢市の石川県立美術館で

日本画の技法で描かれた作品が並ぶ会場=金沢市の石川県立美術館で

 総合美術展「改組 新 第4回日展金沢展」が、金沢市出羽町の石川県立美術館で開かれている。展示は全国を巡回し、金沢での開催は2年ぶり。6月17日まで。会期中無休。

 日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門の計338点を展示。うち93点は、石川県内の作家の作品となっている。

 富山県黒部市の黒部峡谷を描いた日本画や、「家族から」という作品名でスマートフォンの画面を眺める肉体労働者の彫刻、窓辺に座る少女の洋画など、多彩な作品が並ぶ。

 栃木県から旅行で訪れていたコンビニ経営の女性(58)は「日本画と言えばふすま絵などのイメージだったけど、いろいろな題材があって面白かった」と話した。

 観覧料は一般1000円、中学・高校生700円、小学生400円。 (堀井聡子)

旅コラム
国内
海外